所長の研究日誌

このブログを書いている人

NPO法人他力本願研究所 所長
前川進介

物事の考え方や捉え方、人の感情のあれやこれやについて自由に書きまーす

私は老後に2000万円も要りまへん 「みんなの村 楽園計画」

こんにちは。

所長のまえぴょんです。

 

 

最近、ニックネームを「まえぴょん」から「そもそもおじさん」に変えようかと試みています。名前からして「そもそも」を問い抽象度を上げることの重要性を訴えたいからです。

 

そのノリで先日とある中高生たちの勉強合宿に参加すると、女子高生たちから「『そもそもおじさん』は長いので、『そもじぃ』で。」と言われました。

 

本当は「そもそもナニおじさん」とかにしようかと考えていたんですが、そんなのはもってのほか!だと。というわけで、しばらくは「そもじぃ」でいってみます。

 

 

2000万円を貯めておけば老後は安心なのか?

さて、ちょっと古い話にはなってしまいましたが、先日、このままだと年金の支払いが十分にできないから老後には2000万円ほど自己資金で持っておいてね、っていう発表が金融庁からありました。その後すぐに無いことになりましたが、発表があったのは事実ですね。

 

「そんなもん今さら言わんでも人口ピラミッド見たら分かるわい!」と私は思うんですが、その発表があってから、ちょっとした資産運用ブームになっているみたいですね。銀行に預けても金利は望めないし、資産運用に回して自己資金をなんとか2000万円には乗せておこうっていう世の流れでしょうか。

 

 

まぁ十分理解できる対応だと思いますが、天邪鬼な私はその流れには乗りません。「そもじぃ」ですから抽象思考を使って世の流れの斜め上を優雅に泳いでやろうと考えています

【note:2019年5月18日掲載 vol.003】鬱に追い込まれるまでの状況①

掲載元:note(2019年5月18日)

https://note.mu/maegawa_shinsuke/n/naec087316e67?magazine_key=m5de80cecedb8

【vol.003】 鬱に追い込まれるまでの状況①

脱サラ、それは依存から自立へ、安心から不安へ

私のサラリーマン時代を過ごしていた株式会社ファンケルは、一部上場企業で、利益率の高い商材を扱っていたのと、経費が少なくて済む販売モデルが構築されていたから、事業はとても安定していて、その会社の社員でいることに安心感がありました。

 

しかし一方で、

【note:2019年5月17日掲載 vol.002】生い立ち

掲載元:note(2019年5月14日)

https://note.mu/maegawa_shinsuke/n/n61e719875853?magazine_key=m5de80cecedb8

【vol.002】 生い立ち

 


 目次

両親の特徴と家庭での様子

 

1978年、私は前川家の長男として生まれました。
四人兄弟の二番目で、私には姉と弟、妹がいます。

 

 

父は厳しい人で、私は物心ついた頃からよく殴られていました。殴られている理由がよくわからないことも多々あったので、ある時その理由を問うと、

 

「うるさい!口ごたえするな!お前はワシの言うことを聞け!カラスでさえワシが白やと言うたら白なんや!」

 

と言われまた殴られる、そんな日常でした。

 

 

そんな父親自身は六人兄弟の末っ子で、

1 2 3 4 5 6 14